アートディレクターになるには?どんな進路を辿ればいいの?

    

広告、映像、アニメ、ゲームなど人の目に映るモノを製作をする場合、かならずビジュアル面の責任者となるアートディレクターというポジションの人がいます。

日本では、あまり聞きなれない言葉ですよね。

 

単純な役割を説明をすると先ほども伝えた通りビジュアル面の責任者としてカメラマン、デザイナー、ライターに支持を出すポジションです。

 

ディレクターはその上にいるポジションで、プロジェクト全体の責任者ですが、アートディレクターは全体指揮者であるディレクターの下でビジュアル面を担当するというワケですね。

 

仕事柄、デザイナー、ライター、カメラマンに支持を出し、依頼主であるクライアントの要望を吸い上げてそれを現場にわかりやすく、具体的に伝えて指示を出すことになります。

その多くは自分でデザイナー兼アートディレクターというケースが多いですが、中には、ディレクションを中心に行う方もいますが、どちらが正解ということはなく、結果的にクライアントの要望を満たすモノを作成できたアートディレクターが正解という事になります。

 

デザイナー、カメラマン、ライターとデザイン以外にも関わり、具体的な指示を出す必要があるので、デザイナーの経験は勿論ですが、それ以外にも映像、画像、フォント、色彩などデザイン面に関して非常に多岐に渡る知識が必要となります。

 

その為、デザインしかできないデザイナーよりも年収が高く市場価値も高いのでデザイナーから経験を積んでアートディレクターを目指す方も多いです。

このサイトでは、具体的にアートディレクターを目指す方法を紹介してます。

 

アートディレクターになるには?その具体的な方法を解説!

アートディレクターになるためには、最低でもデザインの知識が無いといけません。

その上で、実務経験や下積みを重ねてはじめてデザイン面でのディレクターとなり、そこで実績などを積んではじめてアートディレクターとしての道が開かれます。

 

正直な話、実務経験が非常にモノをいう職種ではありますが、それと同じくらい各方面の専門的な知識も必要となるので独学、通信講座でなんとなかる仕事ではありません。

 

そもそもアートディレクターになるにはデザインに関する専門知識以外にも、イラストレーター、フォトショップを完璧に使いこなすスキルがマストになるし、それらのソフトって独学でマスターできるほど簡単なソフトじゃありません。

 

本屋でこれらのソフトに関する書籍が販売されてますが、辞書並みの厚みがあります。

それだけの厚みを誇ってもプロから言わせれば基礎中の基礎レベルのことなので全体を把握するにはどれだけの厚みになるのか想像したくはないレベルです。。。

 

アートディレクターの多くが大学、専門学校を卒業してる!

日本で活躍をしている有名なアートディレクターをはじめ、日々アートディレクターとして仕事をこなしている人は、ほぼ100%の確率で美大、専門学校を卒業しています。

 

しかし、ここで誤解をされがちなのが有名大学を出ていないとアートディレクターになれないの?という勘違いです。

 

確かに日本は未だに学歴を優先する社会ですが、最近では地方大学の赤字経営、定員割れ、学生の質の低下など様々なことが問題視をされているので、有名大学を卒業=優秀な人材という方程式は崩壊しつつあります。

 

また、仮に美大を主席で卒業できたとしても電通、博報堂のような総合広告代理店に採用されるか否かはわかりません。

※人柄、やる気など+αの部分も先行に大きく影響してきます

 

それに、仮に採用をされても指示を出せない、コミュニケーションが取れなければディレクターとしては役に立ちません。

結果、首になることは確実ですよね。

 

それよりは、2年間という凝縮をされた期間でデザイナーとして活躍できる知識・スキルを身に着けて大学生よりも2年早く社会に出て下積みを積み重ねた人の方がアートディレクターとして大成する、早くアートディレクターとして活躍できると思います。

 

だから個人的には、基礎知識以外にも重要な要素が多い仕事だからこそ学校では学べない実践を早くから経験できる専門学校を卒業してアートディレクターを目指す方法を押します。

 

その結果、様々なプロジェクトをこなして実績を積めば総合広告代理店に中途採用される可能性も出てきます。

 

アートディレクターという職種を1つのゴールとして設定するのであれば、そこに辿りつくルートっていくつもあると思います。

一言言えるのは、どのルートであっても険しいし簡単に制覇できるルートではないということであり、個人的には専門学校というルートを推奨しているというワケです。

 

じゃ、実際にどの専門学校がおすすめなのか?という事に関しては、詳しくまとめられているサイトがあったので参考にしてください。

 

アートディレクターになるには

 

またよくある誤解なのですが、有名な大学、美大を卒業していないとアートディレクターになれないと勘違いしている人が多いです。

が、そんなことはありません。

 

現在活躍しているアートディレクターの多くは、有名美大を卒業しているケースが多く、有名なアートディレクターも有名大学を出ている人は確かに多いですが、そんな中でも専門学校卒業、高卒であってもしっかりとした実績を出している方もいらっしゃいます。

それに、有名な大学、美大を卒業したとしても電通、博報堂に就職できるなんて保証はありませんからね。

 

そもそも、個人的に美大にいけばアートディレクターになれる、4大に進学すればアートディレクターになれるという考えが間違っているとしか言いようがありません。

仮にいい大学を卒業しても、美大を卒業してもいいなり電通、博報堂に入社できる可能性なんて少ないですからね。

 

余談ですが、総合広告代理店はあなたの想像以上の激務です。

アートディレクターとして活躍できる前に精神を病む可能性が非常に高いので、じっくりと実務経験が積めるデザイン事務所で師と仰げる人がいる会社を探したほうがいいですよ。

 

やはり、憧れだけで仕事を選ぶのではなくてしっかりと仕事内容を確認したいですね。